なんだか恋愛ものな流れに・・・

武闘派だけど甘えん坊♡アンジです(*´з`)♡

 

甘える=切腹

 

委ねる=切腹

 

助けてもらう=切腹

 

特に男にな。

 

という方いらっしゃいますか???

自立系武闘派女子と言われるいわゆる「できる女」の方はなんせ甘え下手なところがありまして・・・長女とかもそうかも?

 

私もそーいう部分がありまして(笑)

ただ、次女なこともあって少しばかり甘えるのには慣れていますものでして・・・

 

やり方わからなければ、わかるやつに聞けばいいのさ!!!

 

ってことで、少々書きたくなりましたのでお付き合いください♪

 

職場や人間関係の中で甘えられなくて、男性と戦うor対等になろうとしてしまい、甘めのほんわか、「え~わかりませーん(´艸`*)」的な女性に美味しいところ持ってかれるってことってありますよね( ゚Д゚)

「あんな風に甘えられたら」とか「けっやっぱり男はあんなのがええんかい」と思うことも。甘えることに嫌悪感を抱くこともあったり…。

えぇ、私も武闘派。特に仕事が絡むとよけいにできる女・かっこいい女でありたいと思ってしまう傾向があります。

 

しかしですね~そんな自分の姿でいると周りも勘違いしてしまい、本当は甘えたい、頼りたい、お姫様でいたいのに、全然そうやって扱ってくれない人が寄ってきてしまうということもしばしば・・・そうすると「出会いがない~」とか「うちの彼Mやねん」とか「私より男らしい奴と付き合いたい」とかって出てくるんですね~はい。私です(*´з`)ww

時にいい人に出会えても、戦い癖が抜けず、彼の前でもそれをしてしまい、“男vs男らしい私”という正に男性性のぶつかり合いをしてなかなかうまくいかなかったりします。

ちょっとニュアンスが違うかもですが、ヤタさんの記事はまさにそんな感じ。

 

仕事モードで彼と会うと結構キツイ言い方とか強めになってしまい、しなくてもいいケンカやイライラを感じてしまいやすくなります。

ヤタさんの記事の中でも書かれているように、女性に戻る、普段の自分に戻るルーティンを見つけておくのは「なるほどな~確かに!」と思いました。

 

そして私最近逆もあって、男性側に仕事モードで来られてしまい、なんだかバッサリ切られるような、少し冷たさを感じる出来事があって、思わず武器を手にかけようとしてしまったのです。(笑)対抗してしまいそうになったということです(笑)

男性はなかなか仕事モードからの切り替えしとか苦手なんじゃないかなと思うこの頃で、特に普段から仕事中心の生活している方とか、経営者や部下が沢山いる方、ロックマン強めの人とか・・・

 

そんな時は女性側がそれをリードしてあげたらいいと思うのです。

男性に思い出してもらう感覚ですね(*´ω`*)

 

では、どうしたらいいのか・・・

彼を王子様にしてあげる

女王様的に言えば

王子様にさせてあげる(笑)

 

これは、仕事モードの時だけではなく、普段でもやっていくとだんだん自分が彼のルーティンにもなってあげられますし、お姫様扱いをしてもらえるという調きょ・・・いやいや練習にもなりますし(笑)、女性側も女性性を出すことができるので、何とも効果絶大だなと思っています!

私も中々苦手で、大概のことは自分でやってしまいます。特に職場の人がいたらキャラを演じてしまうこともありました。

ここで他人軸が強い人は、「そんなことで手を煩わせてしまって申し訳ない」とか「面倒くさがられたらどうしよう」とか思ってしまいやすいです。

 

要するに、ちゃんと自分を女性にしてあげていますか?といことであり、女性であることを受け取りましょう。ということでもあるのです。

しかし長年体に染み込んだ「戦う癖」「自分でやる癖」はやはり一瞬でかえることは困難であり、練習が必要なのであります(^_^)

その中でも比較的簡単で、女性もやりやすいものをご紹介します!勝手に(笑)

 

 

≪基本自分でドアは開けない≫

車もお店も玄関も。

雨でも開けないことも多いです。

 

戦い癖というか負けず嫌いというか、自分から動いてしまうことが多くて、対等を目指しがちな方にはお勧め。

私もほぼ、90%の確率でこれはしません。もちろんその時の状況で自分から開けたり、開けてあげたりしますが、ほぼしません。

【お店のドア編】

①ドアの近くになったらすっと一歩後ろに下がる

②開けてもらったら「ありがとう」と笑顔で必ず言う

③先に自分が入ったらドアのすぐ横で彼を待ち、もう一度彼の後ろに下がる

 

【車編】

①ドアの近くになる前に一歩下がる

②彼の腕に自分の手を添える(結婚式の入場スタイル)orドアの前に立ち、待つ

③車に入ったら即ハンカチを出しておく

④彼が車に入ってきたら「濡れちゃったね、はい。」と言ってハンカチを渡すか、「ありがとう」と言って拭いてあげる

 

こんな感じです(笑)抵抗ありますか?

腕を組むのには勇気いるのなら、一歩下がるだけでOKです!

もし、もう一歩いけるなら、拭いてあげる時に「なんかお姫様になったみたいで嬉しい♪」と付け加えると次回から同じようにしてくれる率は高めです( *´艸`)

もちろん、状況にもよります。それを間違えるとウザがられます。あくまでケンカとか嫌な雰囲気のない時です。

まあ大概の大人な男性はしてくれるんですけど、時間がたつとしてくれなくなる傾向もある気がするので、その時はかける言葉を増やしておくのもよいかと思います。

抵抗がある人でも、『一歩さがる』だけなので比較的やりやすいのではないかなと。

ニッコリ笑顔で「ありがとう」はお忘れなく(*´ω`*)

 

これは彼に対してもそうですが、自分が女性であることを忘れてしまいやすい人にもおすすめです。 

一度意識的に行ってみてはいかがでしょうか(*´ω`*)

 

ちなみにもし、男性が仕事モードできたとしたら、そんな彼の中には仕事に対する不安や恐れ、やる気や頑張りが隠されているということでもあるので、それをあなたの女性性で癒してあげる、与えてあげるという意識で見てみると、その彼に対して少し違った見方で接することができるかもしれません。

報告お待ちしております♪

もっと知りたいという方、中々女性性が出せない方は↓まで♪

無料カウンセリングモニター募集中♪

 

 

**********************

【今日の武闘派あるある】

好きだけど

ムカつく

**********************


おすすめ